NEWS 最新情報

【重要】不正行為への対応に関するお知らせ

いつも、ファイトリーグをお楽しみいただき、誠にありがとうございます。

ファイトリーグ運営チームでは、不正行為はゲームバランスを崩壊させてしまい、正しくゲームを利用されているユーザーの皆様が不利益を被ってしまうと考えており、皆様が安心してお楽しみいただけるゲーム環境を保つ為、日々不正行為の監視を行っております。

ファイトリーグでは、利用規約違反となる不正行為を確認した場合、その行為に準じた措置を実施、ファイトリーグのアカウント停止など、厳しい対応も行っております。
ご利用の皆様におきましては、利用規約に沿ってゲームをお楽しみくださいますようお願い申し上げます。


▼具体的な不正行為の一例
・アプリデータを改ざんし、バトルの進行を省略する行為
・アプリデータを改ざんし、本来取得できるファイターやアイテムの種別や個数を変更する行為
・ファイターのステータスやスキルのデータを改ざんし、バトルの攻略を本来のプレイ方法よりも有利に進める行為
・わざと敗北を認める等、故意にバトルの勝敗を決める行為。および、それを依頼する行為
・ファイトマネー等のアイテムを不正に取得する行為
・RMT(リアルマネートレード)を行う行為 ※1
・不正行為を助長する行為 ※2
・パソコンのエミュレーターでアプリを起動するなど、弊社が認めていないツールやプログラムを利用し、本来のプレイ方法よりも有利に進める行為
・その他法令、規約に反する行為

※1 RMT(リアルマネートレード)を行う行為について
RMTとは、ファイトリーグのコンテンツ(アイテム、ファイター、報酬など)を現実のお金で取引することです。RMTは不正行為 として利用規約で禁止しており、運営チームでそのような行為が確認できた場合や、プレイ代行業者などにゲームデータを預け、その先でデータ改ざんなどの不正行為が行われた場合も同様に、その行為に準じた措置を実施致します。また、取引をした際に、トラブルや詐欺被害のご報告をいただくことがありますが、このようなトラブルが起こった場合でも弊社では責任を負いかねますので、ご注意ください。

※2 不正行為を助長する行為の一例
(例)「タッグバトル」などで、タッグを組んでいるユーザーのうち1人以上がデータを改ざんして参加している状況で、意図的に一緒にタッグバトル等を行う行為。改ざんを行ったユーザー以外の参加者も、不正な方法によって報酬を獲得していることになる為、処罰の対象になります、ご注意下さい。

(例)バトルにて、わざと敗北を認める等で、バトル相手を故意に勝利させる行為。依頼をしたユーザー以外も、不正行為はゲームバランスを崩壊させてしまい、正しくゲームを利用されているユーザーの皆様が不利益を被ってしまう為、処罰の対象になります、ご注意下さい。


▼処罰の対象になった場合
利用規約違反となる不正行為を確認した場合、その行為に準じた措置を実施、ファイトリーグのアカウント停止など、厳しい対応も行っております。

アカウント停止になると、そのアカウントでは、二度とファイトリーグを遊ぶことはできません。プレイデータ及び履歴等でご利用状況を確認した上で対応を行っている為、ユーザー様にて不正行為のご記憶がない場合でも、アカウント停止の解除は行っておりません。(アカウント停止理由等の詳細はご案内しておりません)

また、プレイデータの引継ぎ等で、サポートまでお問い合わせを頂いた際に、不正行為の記録が確認された場合には、サポート対象外とさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。


ユーザーの皆様におかれましても、健全な運営にご協力頂けますようお願い申し上げます。

引き続き、ユーザーの皆様に安心してお楽しみいただけますよう、サービスの運営に努めてまいります。
今後ともファイトリーグをどうぞよろしくお願い致します。



一覧に戻る